銀行で即日3万借りる方法はある?

銀行で即日3万借りる方法はある?

銀行で即日3万借りる方法はある?

銀行で即日3万円を借りることは可能?

通常、銀行でお金を借りる方法といえば、「教育ローン」や「マイカーローン」、あるいは「住宅ローン」のように目的に応じて借りるというイメージがありますよね。また、そのお金を借りるためには、さまざまな手続きや書類の提出、時間が必要となってきます。もちろん、現在も、そのように目的に応じた貸し付けは行っていますが、そもそも、3万円ほどの少額のお金を借りるために、目的別のローンを組むことはできません。そこで、もっと手軽に3万円を借りる方法として、おススメなのが「カードローン」です。

「カードローン」とは、個人向けの無担保ローンのことで、限度額の範囲内であれば何度でも、お金を借りたり、返済したりを繰り返すことができます。原則、事業資金を除いて、融資された資金の使途は自由ですので、わざわざ使い道を申告する必要もありませんし、3万円を借りるために沢山の書類を準備したり、借りる度に、煩わしい手続きを求められることもありません。また、専業主婦(夫)の場合でも、配偶者に安定した収入さえあれば、申し込みをすることができますし、専業主婦の場合には、基本的には勤務先がありませんので、在籍確認などもありません。

ご主人(配偶者)の勤務先への在籍確認も行われませんので、最近では専業主婦の方の申し込みが非常に多くなっています。借りた3万円をきちんと滞りなく返済すれば、自宅に督促が届いたり、電話が掛かってくることもありませんので、ご主人(配偶者)に内緒で3万円を借りられるのです。さらに、カードローンの優れている点は、融資限度額が比較的高額であるということです。専業主婦の場合は、基本的に本人には収入がありませんので、融資限度額が30万円程度までと低めの設定になっていますが、ご自身に収入さえさあれば、最高限度額500万円あるいは800万円までの融資も可能となっています。

これだけ高額な融資をしてもらえるのであれば、わざわざマイカーローンなどを組まなくても、車を購入することができますし、インプラント治療や美容整形などの高額医療費の支払いにも便利です。海外旅行や冠婚葬祭、レジャーに教育資金、留学費用のほか、急なケガや病気、事故などのアクシデントの際にも、すぐにお金を準備することができるのです。「今は大金は必要ないので、3万円貸してくれるだけでOK」という場合でも、1枚作っておくと、とても頼りになるカードなのです。

 

カードローンを申込んで3万円を借りる方法

カードローンを契約して3万円を借りるのであれば、まずは銀行の公式サイトから審査申し込みをする必要があります。公式サイトからカードローンのページに進み、「申し込み」ボタンを探してクリックをします。すでにメインバンクとしている場合には、クレジットカード番号やキャッシュカード番号などの入力を求められる場合もありますので、その時にはそれらの指示に従って入力を行ってください。ほとんどの場合、そちらから申し込みフォームに進むことができますので、申し込みフォームに氏名や住所、生年月日、電話番号などの個人情報を入力します。また、勤務先情報や勤続年数のほか、既存の借り入れ件数などを入力する項目があれば、それらもすべて入力していきます。

また、利用する金融機関によっては、融資限度額がコース別になっている場合もありますので、ご自身が3万円しか借りたくないという場合でも、30万円までの融資枠などが設定される場合があります。たとえ、30万円までの融資枠が設定されたとしても、必ず30万円を借りなければならないわけではありませんので、安心してください。すべての項目を入力したら、内容を確認のうえ送信すれば、審査申し込みが完了します。その後、審査結果が連絡されますので、審査に通過していれば、契約手続きに進みましょう。

審査結果に掛かる時間は金融機関によって異なりますが、スピーディに対応してくれるところでは、最短30分ほどで連絡をしてもらえますし、最近は、テレビ電話などを利用して申し込みを行えば、最短40分程度で融資をしてくれる金融機関もあります。契約手続きに必要な書類は、運転免許証や各種健康保険証、パスポートなどの身分証明書のいずれか、日本国籍でない場合には、在留カードや特別永住者証明書、外国人登録証明書のいずれかが必要となります。また、金融機関が指定する額を超える融資を希望される場合には、身分証明書とあわせて、収入証明書類の提出も必要となります。

収入証明書類とは、給与所得者の場合には、会社から発行される最新版の源泉徴収票や所得証明書のいずれか、自営業や個人事業主の場合は、住民税決定通知書または課税証明書、納税証明書などの最新版の写しのいずれかを準備しておきましょう。契約手続きが完了すれば、カードが発行されますので、融資限度額の範囲内で、いつでも自由に借りたり、返済したりを繰り返すことが可能となります。